古い病院

検査を受ける

頸部脊柱管狭窄症とは聞き慣れない言葉でどんな病気なのかわからない人が多いのですが、これになってしまったときはその理由についてしっかり把握する必要があります。そのため検査を受けると良いのです。

read more

検査室

治療法を知る

脳腫瘍は治療が難しいとされてきましたが、現在では手術療法以外にも放射線を当てることや中性子を利用した方法があります。他にもワクチン療法などが行われており、この方法なら今後生存率が高くなるとされています。

read more

薬の研究

自由診療の一つ

免疫細胞療法はがんの治療でよく利用されていますが、自由診療のため治療費は全額負担になってしまいます。自分の免疫力を治療に利用することで副作用なく最後まで治療を行えます。

read more

患者に合わせて

  • 脳腫瘍の治療を専門医に相談するならこちら|富永病院
  • 首のまわりや上腕が痛む頸部脊柱管狭窄症でお悩みなら、治療実績のある病院がコチラでランキング形式で紹介されていますよ!

    大きな病院

    頸部脊柱管狭窄症とは、脊柱管狭窄症のうち頸部、つまり首部に起きる脊柱管狭窄症の事を言います。この症状は自然治癒の可能性は低いので、頸部に違和感を感じたら、ただちに病院を受診して治療を受ける事が大切です。 頸部脊柱管狭窄症の治療には複数の方法があるので、その中からそれぞれの患者の状態等によって、治療方法の選択が行なわれます。代表的な治療方法としては、消炎鎮痛薬等で症状の改善を促す保存療法や、脊柱管を狭くしている部分の骨等を削る手術等の方法があります。 ただ、病院での治療となると気になるのが治療費の面に関してですが、これは一概には言えない部分があります。なぜかと言うと、患者に合わせての治療方法の違いや、その治療にかかる期間の違い等が出てきてしまうためです。

    頸部脊柱管狭窄症とは、脊椎にある脊柱管という部分が狭くなって、その脊柱管の中にある神経が圧迫される事によって起こります。頸部以外にも脊柱管が通っている部分ならばどこでも起きる可能性がありますが、一般的には頸部や腰部に多く起きると言われています。 頸部脊柱管狭窄症になると様々な自覚症状が起きますが、代表的な症状としては肩や首のコリ、腕や指にかけての痺れや痛み等があります。ただ、この頸部脊柱管狭窄症の一番厄介な部分が、症状が時間をかけて進行していくという点になります。そのためコリや痛み等も徐々に現われるので、自覚症状が出てもそれが疲れや加齢のせいだと誤解して発見が遅れるケースがあるのです。この疾患も早期発見・早期治療が大切なので、首や肩、腕や指先に違和感等を感じたら、出来るだけ早めに病院で診てもらう事が重要です。

    オススメリンク